スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜ソムリエ~第二段~

今回も前回に引き続き野菜のスペシャリストになれる資格である「野菜ソムリエ」についてです。

前回よりも詳しく紹介していこうと思います♪

まず、野菜ソムリエの資格は3段階のコースに分かれています。

ジュニア野菜ソムリエコース
野菜ソムリエコース
シニア野菜ソムリエコース

というようになっています。
ジュニア野菜ソムリエコースを修了し、ジュニア野菜ソムリエの資格を取得すると、野菜ソムリエコースを受講することができるとのことです。

前回も野菜ソムリエの資格を取得した人がどのような職業の就職に役に立つかを紹介させてもらいましたが、今回もいくつか紹介させてもらいます。

・フードライター
・アナウンサー
・セミナー講師
・料理教室講師
・食育講師   


などがあげられます。


受講生データは次のようになっています。

累計受講者数:41,076人
資格取得者数(ジュニア野菜ソムリエ:35,934人/野菜ソムリエ:1,379人/シニア野菜ソムリエ:76人



次に野菜ソムリエの資格の受講をするにあたって最初に受けることになるジュニア野菜ソムリエコースについて紹介します。
科目は次のようになっています。

1.ベジフルコミュニケーション(2時間):コミュニケーション力と、発見・感動する力を養います。
2.ベジフル入門(2時間×3回)     :青果物の生産から流通までを学び、野菜の個性を知るために食べ比べを行う。
3.ベジフルサイエンス(2時間×2回) :食べ物の体への影響や、その作用・効用を学びます。
4.ベジフルクッカリー(2時間)      :野菜の品種などの違いに対応した料理コーディネーション能力を養います。

そして、この講座を受けた場合の合格率⇒   約85%  となっています。

これはなかなかの数字ですね。やはり独学よりも講座に行った方効率よく学習できるということで、合格率も上がるのでしょう。そしてなんといってもこの講座は  「野菜・果物の魅力や感動を知り、自ら楽しむことが出来る」  ということを目標においており、それが受講者が楽しく学べるということにつながり、こうした高い合格率になっていると考えられます。


また受講スタイルも工夫されています。この講座には3つのスタイルが用意されています。

 ①通学制: 生の講義でしっかり学びたい!!という方におすすめ!!
 (すべての講座を協会指定の会場で受講。直接講義を受けたい方や直接質問したい方におすすめ)
 ②通信制(1日スクーリング付): 1日なら通学できる!!生の講義も受けたい!!という方におすすめ!!
 (協会指定の会場で1日のスクーリング(3講義)を受講し、他の4講義はDVDで学習。定期的な通学が難しい方やDVDでの独学では不安な人におすすめ!!)
 ③全通信制: 自分のペースで学習したい!!繰り返し学びたい!!という方におすすめ!!
 (講義すべてがDVD。通学する時間が取れない方や自分のペースで学習したい方におすすめ!!)

以上、今回は詳しく野菜ソムリエについて説明しました。もっと野菜ソムリエについて知りたい、講座に申し込みたいという方は下記野菜ソムリエ協会へのホームページへのリンクから資料請求してみてください!!
この資格は実生活にも役立つのでおすすめです!!





  
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

出会いの段階
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。