スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネイル資格・ネイリスト資格~女性に人気急上昇中~

今回みなさんにご紹介する資格はネイリストの資格です。

ネイル2

最近女性のオシャレとして欠かすことのできないものとなりつつある「ネイル」ですが、このネイルを専門に扱うのが「ネイリスト」です。

では、「ネイリストになるにはどうしたらいいのか?ネイリストととして就職するのに有利な資格とかはあるのか?」という疑問にお答えしていきたいと思います。

現在日本において、一番有名なネイリストの資格試験は  「JNA:日本ネイリスト協会の検定資格」  です。

ネイル1



この資格は1級~3級に分かれており、3級は基礎的なもの、1級はプロネイリストが受けるようなものという感じでレベルが分かれています。

試験の日程としては

3級:4月・7月・10月・1月の年4回

2級、1級:4月・10月の年2回

となっています。

1級の合格率は40%いくかいかないかぐらいらしいので、なかなかの難関と言えるでしょう。
しかし、1級に通れば就職に困ることもほとんどないですし、認定講師という道も出てくるでしょう。

このJNAの資格試験は技術は当然のことですが、接客術も見られているので、通れば大変就職に有利に働いていくでしょう。


また参考までに海外のネイル資格も紹介しておきます。

ネイル資格があることで知られているのはアメリカとオーストラリアです。

アメリカの資格は取ってしまえばかなりの国で働くことができるものであり、ワールドワイドに働きたいという方は挑戦してみてもいいかもしれません。オーストラリアの資格の方は国家資格として認定されています。国家資格ですので非常に就職も安定しており、心にゆとりを持って働けるということです。



そしてこれはどの仕事にも言えることなのですが、自分が趣味などで好きなことをプライベートでしていたときと違い、それを仕事にするとなると必ず責任がついてきます。

たとえば、サッカーにおいても学生のときまでは負けても悔しいといった気持ちが出るだけでしたが、プロとなると生活が苦しくなってきます。

同様にネイルにおいても人の爪を扱うものとして、やはり資格をしっかりと持っていることがお客様への信頼につながっていきます。
そうしたことからやはり真剣にネイリストを目指している人は頑張って資格を取っていくべきだと思います。



最後にこうした資格をとる方法としては大きく3つあります。

①スクール 
 スクールは認定講師がついている場合も多く、少人数制になっており、質問もしやすい環境となっています。

②通信教育 
 最近では通信教育でもしっかりと国家資格が取れるようにカリキュラムが組まれており、質問などもしやすい工夫をしているところが多いです。

③独学 
 自分でテキストなどを買って、勉強していく方法です。

独学はお勧めしません。実際にネイリストの友達がいるのですが、まず独学では2級、1級は難しいといっていました。

スクールはきちんと通えば、ほとんどの人が試験を通るとのことですが、いかんせんお金が非常にかかります。なので私がお勧めするのは   通信教育   です。これならばコストもかからずにきちんと講義を受けることができます。
最近の通信教育では非常に内容も充実しており、どうしてもスクールに行ってやりたいという人以外は問題ないのではと思います。

なんにせよ、このネイリストという職業は最近発展してきた伸び盛りの職業です。また独立して自分の思うように経営するという夢のある職業です。
もし、興味があるようでしたら、是非チャレンジしてみてはどうでしょうか。

下記サイトは私が非常にお勧めするネイルの通信講座のサイトです。
是非見ていってください!
またこのサイトについても詳しく紹介させてもらいます。







スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

出会いの段階
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。